愛知県名古屋市中区丸の内の内科・胃腸科 医療法人寿芳会 加藤内科胃腸科

愛知県名古屋市中区丸の内の内科・胃腸科 医療法人寿芳会 加藤内科胃腸科

 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-16-16
TEL 052-962-3585
▲Mobile Site 
トップページ»  日帰り大腸検査

日帰り大腸検査

大腸内視鏡検査(カメラ)

大腸内視鏡検査は注腸検査とちがい、直接内視鏡(カメラ)を肛門から挿入して大腸全体を観察し必要に応じ組織を採って診断することが可能です。
またポリープが発見されましたら、同時に切除(ポリペクトミ)も可能です。大腸ポリープの多くは良性ですが、胃のポリープなどに比べ癌化する傾向が高いです。早期の大腸癌であれば開腹手術を必要とせず、この大腸内視鏡による切除術のみで治癒する例も多く見られます。


<検査時間と痛み>
検査時間は、大腸の観察のみでしたら15分~20分ぐらいです。
ポリープ切除を行う場合でも、ポリープ切除の数にもよりますが30分程度で終了致します。
検査は静脈麻酔を使用して行いますので、痛みはほとんどありません。検査は、基本的に午後からの実施となります。
検査終了後、1~2時間ぐらい休憩をしていただき、医師の診察後に帰宅していただきます。

<前処置について>
注腸検査と同じく、大腸内の便をすべて出し切ってしまわないと検査はできません。
検査前日に専用の検査食を食べていただきます。
夜には下剤を服用し、大腸内の便を排出していただきます。
そして検査当日の朝は、ご自宅で洗腸液を(1800ml)を2時間ほどかけて飲んでいただき、排便終了後、お昼12時ごろに来院していただきます。

※ 何度か排便していただきますので、他のトイレではちょっとと言われる方にも安心です。
※※ご自宅のトイレで排便後、指定時間に来院していただきます。

※ 洗腸液を使用いたしますので、便が残っている方はあまり見えませんが、便の観察は必要です。
※※便の変化表(写真)をもとに色・形・回数などご確認いただきます。

※ 事前に、排便の調子やお仕事・生活状況をお聞きしまして、受診にあたり一番良い日を打ち合わせの上、ご予約いただきます。


<検査結果について>
1.観察のみの場合、4日~5日
2.細胞採取及びポリープ切除を行った場合、10日前後で結果説明がお聞きになれます。

<日帰りで実施可能>
通常ポリープ切除を行った場合は、主に入院が必要とされておりましたが、当院では日帰りでの実施が可能です。「精神的・時間的・金銭的負担」が軽減できます。
大腸で気になる症状のある方、排便時に出血がある方、便潜血検査で陽性と判定された方などお気軽にご相談ください。

なお、受診お申込みやご相談については、直接診療時間内にお越しください。

 

大腸注腸検査

注腸検査は、胃部レントゲン検査と同じくバリウムを使用して行います。
注腸専用バリウム(約250cc)を肛門から注入し、その後空気を入れて大腸全体を膨らませます。身体を何度か回転しながらバリウムを大腸全体の壁に付着させた後、直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸・盲腸と大腸全体の撮影を致します。
結果は、検査終了後お聞きいただけます。
検査時間は約20分程度です。


<少しおなかが張ります>
空気を入れますので、おなかが張ってきますが少しご辛抱ください。
空気を入れるときは、何度か大腸の観察をしながら入れますのでご安心ください。
検査終了後トイレで、オナラとして出していただきますとすぐに楽になります。


<注腸検査の特徴>
注腸検査の特徴は、細かい病変(かなり小さなポリープなど)や病変の位置また大きさなどの確認ができます。また大腸は長さや曲がりぐあいなど個人差がありますので全体を把握するうえでも重要な検査となります。
一般的には、まずは大腸注腸検査を行い、注腸検査で異常所見が見つかりましたらその後大腸内視鏡検査を行います。


<前処置について>
大腸の検査を行う上で、大切なのは大腸の中の便をすべて出してしまうことが必要です。
注腸用の計画表に基づき、検査前日の朝・昼と専用の食事を食べていただきます。
午後8時に下剤(200ml)を飲んでいただき、その後は就寝までに何回か排便していただきます。
検査当日の朝は、座薬を使用していただき残りの便を出していただきます。
便の変化表(写真)をもとに色・形・回数などを確認していただきまして来院していただきます。
来院時にもう一度排便していただきまして、問題がなければ検査を実施致します。

人によって便秘ぎみな方、毎日が軟便の方といろいろですが、事前に排便の調子やお仕事や生活状況をお聞きしまして、受診にあたり一番よい日を打ち合わせのうえご予約いただきます。

大腸で気になる症状のある方、排便時に出血がある方、便潜血検査で陽性と判定された方などお気軽にご相談ください。

なお、受診お申込みやご相談については、直接診療時間内に起こしください。
 

日帰り大腸検査Q&A

Q、注腸検査と大腸内視鏡検査はどう違うのですか。

A、注腸検査は、肛門からバリウムと空気を入れてX線にて病変の有無を確認する検査です。
一方、大腸内視鏡検査は、肛門より内視鏡を挿入して病変の有無を確認する検査です。
注腸検査の特徴は、細かい病変(かなり小さなポリープなど)まで発見できること、
大腸内視鏡検査の特徴は、検査時にポリープを発見したと同時に切除も可能であることです。


Q、便の検査で便潜血陽性と言われましたが、どうすればいいですか。

A、便潜血陽性というのは、胃腸の中においてなんらかの原因で出血し、それが便に付着することによります。必ずしもポリープなどがあるとは限りませんが、その可能性が高いということになりますので、注腸などの検査を受けたほうがよいと思います。


Q、若い頃から痔があり、排便の時にいつも出血するのですが一度検査した方がいいですか。

A、大腸の検査をお勧めします。
特に、痔のある方は排便時に出血していることが多いので、新たな病気(例えば大きなポリープや癌)による変化に気づきにくいため定期的な検査をしたほうがよいと考えます。


Q、大腸内視鏡検査は痛そうだし怖いのですが?

A、肛門から大腸内視鏡を挿入しますので、若干の違和感はあります。
しかし、当院では静脈麻酔を使用してから検査を行いますので、痛みはほとんどありません。また、患者様の心拍数や血液の酸素濃度を管理しながら検査を行いますので安心して検査をしていただけます。


Q、大腸内視鏡検査の時間はどのくらいかかりますか?

A、大腸の形により多少の個人差はありますが、大腸の観察だけなら15~20分ぐらいで終了します。また、ポリープを切除する場合でもポリープの数にもよりますが、30分程度で終了します。


Q、大腸内視鏡の太さはどれくらいですか?

A、内視鏡の直径は約12mmです。以前に比べかなり細くなりました。


Q、大腸内視鏡検査を行う上での1日の流れを教えてください。

A、大腸内視鏡を行う前日より準備が必要になります。
前日の朝食より3食すべて検査食を食べ(注1)、午後8時に下剤を(200ml)飲んでいただきます。
さらに、検査当日の朝にご自宅で洗腸液(1800ml)を2時間ほどかけて飲んでいただいた後、昼12時ごろ当院に来院していただきます。
大腸内視鏡検査は午後より行います。(注2)
検査終了後は1~2時間ほど休憩していただき、医師による検査の説明後に帰宅となります。

          検査前日           検査当日
   ←-------------→←---------------------→
   --------------------------------------
    ↑  ↑  ↑  ↑    ↑       ↑     ↑
   朝食 昼食 夕食  下剤を内服  洗腸液内服    検査  検査の説明後、帰宅
   の3食に検査食

   注1 検査食が口に合わない方は他の方法もありますのでご相談ください。
   注2 大腸内視鏡検査は基本的に午後に行っていますが、時間の都合が付きにくい方はご相談ください。


Q、どのように検査を予約すればいいですか?

A、基本的に来院していただき、検査日や時間を患者様と相談して決定します。
また、来院していただくのは検査方法や検査を行う為の準備の説明などを行うためです。


Q、大腸の検査当日の服装はどうすればいいですか。

A、自分がリラックスできる服装で結構です。
ただし、検査の時には検査着に着替えていただきます。検査着は、大腸検査用ズボンと膝まで丈のあります上着を着用していただきますのでご安心ください。


Q、大腸ポリープを切除した後、気をつけることはありますか。

A、切除したポリープの大きさや傷口の大きさにもよりますが、切除後約5日ぐらいは腹圧のかかること(例えば、重たい物を持ち上げたり、排便時無理に踏ん張ったりすること)は避けるようにしてください。アルコールも切除後5日間ぐらいは極力避けるようにしてください。
また、排便時に出血していないか確認するようにしてください。
その他、通常の日常生活において特に制限されることはありません。
当然、過度の肉体労働以外は仕事も可能です。


Q、大腸の検査後の食事で何か気をつけることはありますか。

A、大腸の検査は主に注腸と大腸カメラの2種類ありますので分けて説明します。
注腸の場合は検査後特に食事の制限はありませんが、バリウムを使用していますので便秘気味の方は下剤の服用を忘れずにしてください。

大腸カメラの場合はポリープの切除を行ったかどうかで変わります。
ポリープの切除を行わなかった場合は注腸と同様に特に制限はありません。ポリープの切除を行った場合は脂肪分の少ない消化のよい食事をお勧めします。
また、ポリープの切除を行った場合アルコールは控えるようにしてください。